知っておきたい確定申告のメリット

2016年10月01日 16:46

確定申告をしっかり学ぶ=節税に繋がる

確定申告のこと、意外とはっきりと知らない方が多いと思います。

どこかに雇われていた場合、大抵は企業側で全てのことをしてくださるので、個人では確かにやられない方も多いと思うのですが、確定申告とはどういうものか、どういった仕組みのものなのかをしっかりと分かっていれば、ご自身が申告することでによってプラスに働く場合も少なくありません。
単刀直入に言えば、節税に繋がる可能性が高いのです。

勤務医とてこの例外にはなりません。
例えば、他の病院で副業としてアルバイトをしていた場合、源泉徴収票を受け取った際に源泉徴収票の乙欄に丸印がついていれば、確定申告をすることによって還付金を受け取ることができます。

もちろん、出さなかった場合は還付金が受け取れなくなってしまいますので、どうせならしっかりと出した方が良いと思いませんか?

画像出典元:https://seniorguide.jp/article/1001582.html

所得控除に繋がるものは、あらかじめまとめておく

また、確定申告の際には忘れずに覚えておきたいのが、所得控除に繋がるものはまとめておくということ。

医療費が必要になった場合には医療費の明細書を、生命保険や地震保険に入っていたならそれらの書類を、国民年金や国民健康保険の支払いがあった場合にはそれらの明細書も必要になります。

これらを提出することで、所得控除を受けることができますので、節税することができるんですね。
知らなければ知らないで確かに困らないのですが、知っていると節税できる大きなポイントですので、ぜひ皆さんには覚えておいて頂きたいところです。